公営斎場のご利用をおすすめします

  • TOP
  • 公営斎場のご利用をおすすめします
葬儀を行う式場は、大きく分けて「民間斎場」と「公営斎場」の2種類に分けられます。
民間斎場は、民間企業が運営している一般的な貸し式場のことで、公営斎場とは市区町村が運営母体となっている公的な葬儀場のことを指します。
平田葬祭では、ご遺族様のご負担をできるだけ抑え希望に沿った葬儀にしていただけるよう、市民優遇の公営斎場のご利用をおすすめしています。

公営斎場をおすすめする3つの理由

式場費用を抑えることができる

公営斎場は民間のホールやお寺などに比べて、およそ半分ぐらいの費用で利用することができます。
そのため、少し混み合っていて葬儀までの日数がかかることがありますが、費用の面を考えると少々待ってでも利用する価値のある施設だと思います。

霊柩車やマイクロバスの手配が不要(火葬場併設の場合)

敷地内に火葬場と式場が併設になっている場合、歩いてのご出棺となります。
そのため、霊柩車やマイクロバスの費用を抑えることができます。
親戚の皆様のお手間にもならず、助かったというお声も多くいただきます。

祭壇の費用が低価格もしくは無料

式場によっては初めから祭壇が付いている式場があります。
そちらの祭壇を利用すれば、祭壇料も抑えることができます。
大和斎場には全ての式場に無料の祭壇がございます。 無料ですが立派にご葬儀を行える祭壇だと思います。

ご葬儀の費用を抑えるポイントは式場選びです

一般的な民間のホールで同じご葬儀をあげた場合と比較すると、スタートの時点で20万円前後の差が生まれるかと思います。
しかし、公営斎場は負担を大きく抑えられますが、予約が混み合っていることも多いです。
そこで当社自社斎場「大和しぶや斎場」は公営斎場の「大和斎場」と同じ料金で利用可能です。
ご相談に応じて最適な式場をご提案いたします。

公営斎場と民間斎場の違いとは?

公営斎場(市民利用の場合) 民間A斎場
式場料 5~10万円 20万円~
火葬料 0円~1万円程度 火葬場によって異なります
メリット ・費用が低く抑えられる
・火葬場併設の斎場が多く、霊柩車やマイクロバスの手配が必要ない
・1か所で全ての法要が行うことができる
・安置室が備わっている
・宿泊や待合室などの施設が充実している所が比較的多い
・葬儀の予約が比較的取りやすく予約待ちによる日程調整をする必要が少ない
デメリット ・斎場が混んでいるケースが多く、予約が取りづらい場合がある。 ・火葬場が離れているので移送車などの準備が必要
(その分費用がかかってしまう)
・比較的式場料が高い

地域ごとの公営斎場のご案内

  • 大和4市
  • 横浜市
  • 相模原市
  • 東京都
  • 厚木市
  • 川崎市
  • その他
  • 大和斎場
    小田急線「鶴間駅」から1.5km 徒歩20分
    この斎場を詳しく見る
  • 横浜市北部斎場
    JR横浜線「十日市場駅前」から、市営バス55系統「若葉台中央行き」に 乗車し、
    「北部斎場入口」で下車。徒歩約10分です。
    この斎場を詳しく見る